渡辺ひでと公式HP~愛知県清須市から

渡辺ひでと公式HP~愛知県清須市から(トップページ)

平成26年4月13日(日)告示
4月20日(日)投票 の清須市議会議員選挙に立候補いたしました。


渡辺ひでと
 の 基本的な政策や理念 は以下の通りです。

———————————————————————————————-

5つの視点で”街づくり”

 

1. 安全で安心して暮らせる街に!

▶ 防災、悪臭問題、通学路、食育などに取り組みます

防災は待ったなしです。
やるべきこと、やれることは実に幅広く、中でも無線の多様な活用など、課題は山積しています。
それらの有効活用などで防災力強化を図ります。

悪臭問題は、事業者努力もあって一頃より大きく改善しています。
しかし、更に快適に暮らせる環境を作って、
街の印象も良くすることが市民の財産価値を高めることにつながります。
対策効果が実感できる整備などを求めていきます。

子どもの安全を確保する為、通学路などの整備が重要ですが、
まだまだ課題となっている地域が残っています。
早期対策を求めていきます。

今日の家庭の「食卓」や「買い物かご」の中身には
「食品添加物」が含まれていて、非常に気になる現状だとの指摘があります。
子どもも親も、食育を通じて食を知ることが「健康づくり」の第一歩です。
それを学び、実践しやすくする「機会づくり」を求めます。

 

2. 行政改革と基盤整備、両立の街に!

▶ 生きたお金の使い方を絶えず求めていきます

行政改革の肝心要の対応がまだまだ不十分です。
役所の余分な仕事量を減らして、どうすれば行政サービスに振替える財源や時間を産み出せるか、
一段の工夫を求めていきます。

名鉄新清洲駅付近の名鉄名古屋本線高架化事業や
枇杷島橋の架け替え、公共下水道などに多額の予算がかかります。
これらの基盤整備事業が円滑に行える財源対策などを求めていきます。

 

3. 高齢者がイキイキ暮らせる街に!

▶ 高齢でも「生活しやすい街」づくりを目指します

超高齢社会の課題克服には”街づくり”を通して市の工夫する力が問われます。
日常の買い物、医療や介護の連携、老老介護など、多面的な課題があります。
政策連携で、高齢でも「生活しやすい街」づくりを目指します。

 

4. 市民の力を活かせる街に!

▶ ボランティア+知識・経験を活用に取り組みます

ボランティア活動を志す人は随分いますが、その力を有効に活用するには、まだまだ工夫が求められます。
その整備・充実を求めていきます。

専門知識を持ち合わせた高齢者などが随分いらっしゃいます。
時間があるにも関わらず、その知識や経験が眠ったままでは非常にもったいないと思いませんか?
それらが活用できる環境づくり、体制づくりを目指します。

 

5. 文化的にも魅力ある街に!

▶ 地域の歴史ほか幅広い文化活動支援に取り組みます 

「これまから歴史で稼ぎなさい」という本などもありますが、地域の歴史を十分に活用することが
街の魅力アップにつながると考えています。その実施を求めていきます。

図書館もせっかく完成したのに、市民からも新しい本がいつまでたっても入らないと指摘されています。
また、情報発信や提供の機能が十分には果たされていません。
政策連携した図書館の有効活用を求めていきます。

音楽などの多様な文化活動が広がると、街に”潤い”が出てきます。
そのような機会が増やせるよう、努力していきます。

 

————————————————————————————
以下は、昨年平成25年7月の市長選挙時の公約などです。

本庁舎増築不要

下水道は、市民負担軽減が必要!

7つの理念31プラン

上記から以下の公約を取りまとめました。
7つの公約

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加