前立腺肥大症、尿漏れ|生活習慣病、克服の道!

前立腺肥大症、尿漏れ

前立腺肥大と尿漏れ

前立腺肥大は男性特有の病気ですが、尿漏れは女性に多く、女性は尿管が短いことから排尿前に少し力を入れたりして漏れ出します。

 

男性は、排尿後に尿管に残った尿が漏れ出すことがあります。残尿感も強く、排尿のたびにびくつきながら慎重におしっこをしなければなりません。

 

わたしもご多分に漏れず、おしっこの勢いが弱くなり、残尿感もありました。時には尿漏れも。。。

 

そんな状態から、姿勢をよくする運動療法をやるうちに、骨盤底筋も鍛えられて、不安で不快な生活からおさらばしました。みなさんも一刻も早くおさらばしましょう。

 

ちなみに、女性でも骨盤底筋を鍛えることが、非常に重要です。

前立腺肥大と前立腺がん

前立腺肥大と前立腺がんの関係についてですが、前立腺がんになる人は必ず前立腺肥大を起こしていると泌尿器科の医師が書いた本に記されています。

 

しかも、この前立腺がんは、男性のがん発症の7位でしたが、厚生労働省は高齢化とともにあっという間に2位に躍り出ると推測しています。

 

加齢による特徴的な病気だというわけですが、少々古い本には、動物性脂肪などのような高脂肪食もがんの危険因子だとも記されています。

 

いずれにしても、わたしは50代に入ると、期前立腺肥大でなかなかおしっこが若い時のように勢いよく出なくて苦しみました。やがて、排尿後にパンツをたらりと尿が漏れたこともありました。

 

ネットや書籍で情報を探ると、前立腺肥大の間に大きく改善することができれば、前立腺がんになる確率は大きく低下することになるといいます。出来ればちょっと頑張って骨盤底筋を強化することを念頭に入れながら、姿勢全体をよくする運動療法を行いました。

 

すると、睡眠不足もなくなるし、前立腺がんのリスクも圧倒的に小さくなるし、排尿も若い時のようにスムーズになります。少なくとも、わたしは便器の前に立って2分も3分も排尿することはなくなりました。

 

泌尿器の問題は、男性も女性も生活の質の低下のうちでも大きな問題ではないでしょうか。出来る限り早くから、お取り組みになることをお勧めします。

 

最近は、企業でも「健康経営」などが呼び掛けられています。その中での実践力が高まる指導が保健管理者に求められます。ノウハウを取得して、適切な指導を行いたいものです。

夜間頻尿と睡眠不足

日中の様々な排尿トラブルばかりにとどまらず、夜間にも就寝中に何度かおきる羽目に見舞われます。頻尿のはじまる頃は、最初はちょっとおかしいなと思う程度ですが、徐々に起きる回数が重なってくるとさすがに睡眠不足を招くようになります。

 

睡眠不足は、当然仕事などの集中力にも不足します。従って、仕事にも差し支えるし、記憶力も鈍るし、その他の生活の質にも悪影響を与えます。前立腺肥大のうちに、泌尿器系の疾患を回復しておきたいものです。

前立腺肥大と運動療法

現代の生活は事務仕事にせよ、家庭での主婦の生活にせよ、必要な筋肉を適切に動かそうとする機会を著しく低下させています。 このため、自意識がなければ体を動かす機会は、大幅な減少します。

関連ページ

高血圧症
わたしが高血圧を発症した当時の生活習慣のご紹介とどんな方法で改善したかを考察します。
脂質異常症(高脂血症)
わたしがどんな生活習慣から、若いうちから高脂血症といわれ服薬し、名称変更などによる脂質異常症を発症したかをご紹介。また、どんな方法で脂質異常症が改善したかを考察します。
糖尿病
糖尿病も国民病のひとつです。生活習慣の中でも食事のあり方とともにと筋肉量の大幅な低下が基礎代謝率を大幅に下げています。わたしが行った改善策とその意義、みなさんが実践しやすい改善策を伝えます。
がん(悪性新生物)
わたしはがんにはなっていません。しかし、妻が乳がんを患い、父は肝硬変から肝がんになっています。身近な病気を素人ながらに考察します。
脳血管疾患(脳梗塞、脳卒中)
脳血管疾患は、現代的な生活を営む人すべての方に共通するリスクだといえそうです。脳梗塞、脳卒中を引き起こさないリスク低減の方法を考察します。
心疾患(急性心筋梗塞ほか)
心疾患は、わたしは不整脈が出ました。また、近所の方が患っています。この方の子どものころから余り歩かない生活習慣だったといいます。生活環境が体にどんな影響を及ぼしたの考えます。
便秘
今思うと母の手料理が便秘の元だったといえます。普通の家庭の料理はどこも同じような材料と調理法。そこに便秘の原因が潜んでいるといえます。その要素を考察します。
痔疾
わたしがどんな生活習慣を送り、生活習慣病のひとつである痔疾を発症したかをご紹介。また、どんな生活習慣が痔疾を引き起こすかを素人独自に考察します。
顎関節症
わたしがどんな生活習慣から顎関節症を発症したかを、素人独自に考察します。
肩こり
たかが肩こりといえども、毎日のこととなって度が強くなると精神的にも堪えます。大方はストレートネックなどの状態を伴うと長引きます。その対処方法などを独自の視点でご紹介します。
腰痛
わたしがデスクワークが重なり、生活習慣病のひとつといえる腰痛を運動療法とウォーキングで完治し、再発しない体になった方法と考え方をご紹介
膝の痛み(膝痛)
わたしがデスクワークが重なり、生活習慣病のひとつといえる腰痛とともに併発したのが膝の痛みです。腰痛とともに膝痛をなくしたいと運動療法に取り組んで完治し、再発しない体になった方法と考え方をご紹介
逆流性食道炎(胃食道逆流症)
わたしが逆流性食道炎(胃食道逆流症)になった生活習慣と薬物治療を放棄して自身で治そうと思った経緯や、その後の体調などをご紹介
肝硬変
どんな生活習慣から肝硬変を発症するか、またどんな方法で改善するかを素人独自に考察します。
慢性腎不全
わたしも健診では尿タンパクが下りていると指摘されたことが何回かありました。数値はひどくなかったようですが、今は気になりますね。
膵疾患
わたしがどんな生活習慣から、高血圧を発症したかをご紹介。また、どんな方法で改善したかを考察します。

運営者情報


ホーム RSS購読 サイトマップ
肥満、メタボ 高血圧 脂質異常症 糖尿病 お問い合わせ