睡眠不足を解消|生活習慣

睡眠不足を解消

睡眠不足を解消

わたしは一時期パソコンにはまり、インターンネットなどに夢中になっていました。ついつい長く画面を見続けてしまいました。よく深夜2時3時まで及びますから、自ずと睡眠不足に陥りました。

 

しかも、夕食を済ませてからの時間が長ければ、感触や夜食にも手が出てしまいます。やがて、寝不足で体がだるいと感じるようにもなったこともありました。すると精神的な面からも強いストレスを感じるようになっていきました。寝不足が解消するときにはだるさ消えますから、今から思うと随分つまらない時間を費やしたものだと思います。

 

まして、睡眠不足の代償は大きかったと思うのは、真夜中にカップラーメンを食べたり、アイスクリームを食べたりと、体に良くないことを繰り返す日々を送ったことです。

 

逆流性食道炎を発症したり、不整脈が出たり、やがて糖尿病になったりと生活習慣病(成人病)のオンパレードでした。

 

体重はといえば、社会人となってからは徐々に体重が増えていき、大学職業時に60キロほどの体重がこの頃には常時70キロを超えていて72〜73キロほどでした。その安定期を経てとうとう75キロを超え、あっという間に顔もまん丸となりはちきれんばかりとなっていたときは80キロほどになってしまいました。

 

メタボリックシンドロームというよりも肥満とはっきり言ってもらったほうがいいくらいの体つきでした。

関連ページ

胃を小さくする
わたしがどんな生活習慣から睡眠不足となり、生活習慣病を発症したかをご紹介。また、どんな生活習慣が生活習慣病を引き起こすかを素人独自に考察します。
運動不足を解消
わたしの運動不足の解消方法をご紹介します。
姿勢を良くする
わたしが姿勢の重要性に気づいたのは、四国遍路に出かけたことです。一回目はひどく疲れたのに、それから年を重ねているのに全く疲れを感じないことです。 それらの点から姿勢を良くすることの重要性を解説します。
自分で料理をつくる
自分で料理をすることで、外食の際の注意点も理解し、栄養学への理解も深まります。その基本をお伝えします。

運営者情報


ホーム RSS購読 サイトマップ
肥満、メタボ 高血圧 脂質異常症 糖尿病 お問い合わせ