女性に多い大腸がん

この数日で「大腸がんを患っている」と伺った人に何人か出会いました。
他にもここ1年で何人もが、大腸がんで亡くなったいらっしゃいます。

栄養学などの本を読むと、食事が大きく関わっていると指摘しています。
特に、便秘にかかりやすいなどの傾向が強い人は、自らの食生活を見直す必要があります。

まずは、食物繊維が豊富な食事に切り替え得ていくことだといいます。

  • 緑黄色野菜
  • ごぼう
  • 玄米

などを中心に、みそなどの発酵食品とサラダなどの生食を増やすことが必要だといいます。
特に男性は、サラダなどを食べない人が多いのではないでしょうか。

簡単に言うと、精製された食品を減らしていくことが重要だという点です。
私たちが口にしている多くの食品が、精製されています。

小麦粉を使った食品やお菓子、毎日の白米、パスタなど、良く口にするものの多くが精米された食品です。
精製されたものは、血糖にもよくありません。

糖尿病という人も非常に多いようですが、短時間で血糖が上がりやすくなります。

従って、こうした点を守ることで「徐々に腸内環境が良くなっていく」とあります。

では、良くなるとどうなるのでしょうか。

そのバロメーターが、毎日の排便です。
しかも、便の形が重要だといいます。
細切れの便だったり、硬くて排便するのに困難な人、長く便秘が続いている人は注意が必要です。

便は、柔らかすぎず、硬すぎずに、出来れば大方が1回に1~3回で用が足せることが良いようです。

ここでは書きませんが、色にも注意が必要だといいます。

自らの食生活を省みるのが、お通じだというわけです。

いずれにしても、既に女性のガンによる死亡原因の1位になっているといいますが、
全国的には、女性が多いようですが、私がお目にかかっている方は、ほぼ男女の比率は同じです。

都市型の生活様式が関係しているのでしょうか。

改めて大腸がん患者が多いことを認識した次第です。

カルチバ新川の管理状況

カルチバ新川の管理が行き届いていません。
管理委託とは言いながら、どこからどこまでがどちらの責任なのでしょうか?

ここまで劣化すると、修繕にも余分な経費かからないのでしょうか?

市民には、視覚的に目に見えにくい位置にありますが、
委託する側も、した側にも責任があります。

どんな段階で計画的に修繕することが、過大な出費を生みださないようになるのか考える必要があります。

カルチバ新川の屋根

ところで、些か以前の話ですが、
管理を巡る市職員側と委託業者側のやり取りを想像する話があります。

業者は、ある管理について提案したところ、
お金のかかる話はしないように職員から忠告を受けたといいます。

事の本質は、問題が先送りされることが将来の大きな負担に繋がります。

実のところは分かりませんが、事業者は、それ以上はもう言わないでしょうし、
その延長線上に今回の屋根の事案があったのではないかとも推論できます。

他にも同様の事例を多々きいています。
今日も1カ月も前に管理職に話しておいたことが、満足な形で片付いていませんでした。

これでは、役所の体質を変えないと!という市民の声もうなづけます。

あしがるバス

清須市が運行する「あしがるバス」については、なかなか厳しい意見が目立ちます。

昨日お目にかかった土田の方は「いつも空気を運んでいる。もうやめてしまえ」と・・・

須ケ口の方も「乗り継ぎも悪く、あまりに工夫がない」と・・・
さらに「合併して一段と高齢者にとって、この辺りはますます住みにくくなった」とも評されています。

高齢者ほど街には愛着を感じていらっしゃる方が多いのですが、
その方からこんな言葉を頂く現状には何ともやり切れませんネ。

ところで、この清須市のコミュニティバスである「あしがるバス」は、
昨年度と今年度の2カ年で3輛とも低床式に買い替えます。

低床式でないと国から補助金がもらえないとはいうものの、
利用率が上がらない中で格好ばかり付けるのは何とも本末転倒な話です。

買い替えるにあたってそれなりの対価が支払われています。
果たして、今後のあしがるバスの取り扱いは如何したものでしょうか。

過日視察報告しましたように、
東京大学のある研究室は三重県玉城町でオンデマンド方式の実証実験しています。
効率的に、しかも住民満足度も上がって利用者はどんどん増えています。

但し、諸費用と必要性の関係は議論の余地があると思います。
その点で、実験中ということですが、経費面は如何に?

大いに興味がありますね。