ひでと街角レポート - 渡辺ひでと公式HP~愛知県清須市から

ひでと街角レポート

女性に多い大腸がん

この数日で「大腸がんを患っている」と伺った人に何人か出会いました。
他にもここ1年で何人もが、大腸がんで亡くなったいらっしゃいます。

栄養学などの本を読むと、食事が大きく関わっていると指摘しています。
特に、便秘にかかりやすいなどの傾向が強い人は、自らの食生活を見直す必要があります。

まずは、食物繊維が豊富な食事に切り替え得ていくことだといいます。

  • 緑黄色野菜
  • ごぼう
  • 玄米

などを中心に、みそなどの発酵食品とサラダなどの生食を増やすことが必要だといいます。
特に男性は、サラダなどを食べない人が多いのではないでしょうか。

簡単に言うと、精製された食品を減らしていくことが重要だという点です。
私たちが口にしている多くの食品が、精製されています。

小麦粉を使った食品やお菓子、毎日の白米、パスタなど、良く口にするものの多くが精米された食品です。
精製されたものは、血糖にもよくありません。

糖尿病という人も非常に多いようですが、短時間で血糖が上がりやすくなります。

従って、こうした点を守ることで「徐々に腸内環境が良くなっていく」とあります。

では、良くなるとどうなるのでしょうか。

そのバロメーターが、毎日の排便です。
しかも、便の形が重要だといいます。
細切れの便だったり、硬くて排便するのに困難な人、長く便秘が続いている人は注意が必要です。

便は、柔らかすぎず、硬すぎずに、出来れば大方が1回に1~3回で用が足せることが良いようです。

ここでは書きませんが、色にも注意が必要だといいます。

自らの食生活を省みるのが、お通じだというわけです。

いずれにしても、既に女性のガンによる死亡原因の1位になっているといいますが、
全国的には、女性が多いようですが、私がお目にかかっている方は、ほぼ男女の比率は同じです。

都市型の生活様式が関係しているのでしょうか。

改めて大腸がん患者が多いことを認識した次第です。


この記事の詳細は→ 女性に多い大腸がん をクリック

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

区切り線

カルチバ新川の管理状況

カルチバ新川の管理が行き届いていません。
管理委託とは言いながら、どこからどこまでがどちらの責任なのでしょうか?

ここまで劣化すると、修繕にも余分な経費かからないのでしょうか?

市民には、視覚的に目に見えにくい位置にありますが、
委託する側も、した側にも責任があります。

どんな段階で計画的に修繕することが、過大な出費を生みださないようになるのか考える必要があります。

カルチバ新川の屋根

ところで、些か以前の話ですが、
管理を巡る市職員側と委託業者側のやり取りを想像する話があります。

業者は、ある管理について提案したところ、
お金のかかる話はしないように職員から忠告を受けたといいます。

事の本質は、問題が先送りされることが将来の大きな負担に繋がります。

実のところは分かりませんが、事業者は、それ以上はもう言わないでしょうし、
その延長線上に今回の屋根の事案があったのではないかとも推論できます。

他にも同様の事例を多々きいています。
今日も1カ月も前に管理職に話しておいたことが、満足な形で片付いていませんでした。

これでは、役所の体質を変えないと!という市民の声もうなづけます。


この記事の詳細は→ カルチバ新川の管理状況 をクリック

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

区切り線

あしがるバス

清須市が運行する「あしがるバス」については、なかなか厳しい意見が目立ちます。

昨日お目にかかった土田の方は「いつも空気を運んでいる。もうやめてしまえ」と・・・

須ケ口の方も「乗り継ぎも悪く、あまりに工夫がない」と・・・
さらに「合併して一段と高齢者にとって、この辺りはますます住みにくくなった」とも評されています。

高齢者ほど街には愛着を感じていらっしゃる方が多いのですが、
その方からこんな言葉を頂く現状には何ともやり切れませんネ。

ところで、この清須市のコミュニティバスである「あしがるバス」は、
昨年度と今年度の2カ年で3輛とも低床式に買い替えます。

低床式でないと国から補助金がもらえないとはいうものの、
利用率が上がらない中で格好ばかり付けるのは何とも本末転倒な話です。

買い替えるにあたってそれなりの対価が支払われています。
果たして、今後のあしがるバスの取り扱いは如何したものでしょうか。

過日視察報告しましたように、
東京大学のある研究室は三重県玉城町でオンデマンド方式の実証実験しています。
効率的に、しかも住民満足度も上がって利用者はどんどん増えています。

但し、諸費用と必要性の関係は議論の余地があると思います。
その点で、実験中ということですが、経費面は如何に?

大いに興味がありますね。


この記事の詳細は→ あしがるバス をクリック

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

区切り線

清須市の管理する橋の改修率は?

全国での市町村管理の橋の改修率は、わずか15%足らずだとか…
今日のこの新聞記事は、非常に気になります。

清須市ではどうなのでしょうか?

行政情報は、ちゃんと市民に知らせることが大切です。

財政白書をつくっている自治体も未だに少ないようですが、
財政の内容を共有することで、政策の優先順位も変わるのでは・・・

清須市も「防災」と言い続けてきましたが、結局のところは然程前進していません。
町内会のひとつの単位としたブロックをでの防災力向上を目指してはいますが、
地域による温度差はあるものの、実態は市の掛け声ばかりで十分と言える地区はありません。

肝心の行政の側も、過日、抜き打ちで職員の非常呼集を行いました。

結果は、6~7割の職員が自家用車で登庁するというものでした。

つまり、軟弱地盤で液状化が懸念される地域であるにもかかわらず、
危機感が足りずに、徒歩や自転車、バイクでの登庁を選択できなかったわけです。

液状化などで通行困難な道路があると車を置き去りにするわけにもいかず、
かといって家に戻ることもままならない状況に陥るのではないかと懸念します。

その点からは、残念ながら、その成果たるや防災力の現状を浮き彫りにするものでした。

職員一人一人が、自分で考えて行動できるような習慣となっていないようです。

市町村の橋の改修率が大幅に低い現状からすると、清須市周辺も同様のケースだといえます。
職員も市内に住んでいるばかりではありません。

周辺市町からも通ってきています。

登庁への不安と言うばかりか、災害時の物資の輸送にも支障をきたすことになります。
早急な点検が望まれます。


この記事の詳細は→ 清須市の管理する橋の改修率は? をクリック

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

区切り線

通学路や公園の整備を

6月9日の消印で一枚のハガキを頂きました。
まだ、小学生の子供を抱えたお母さんからのようです。

まず、年間数千円の少額で、営業などに対して市の土地を貸しているとする指摘がありました。
これだけ不必要な土地は売却するといいながら、どうしてそのような土地が残っているのでしょうか?

行政合理化を声高に叫んでみても、個別には何も進んでいない実態がまた一つでてきました。

市民の平等を脅かしているという点からも、問題があるということでしょう。

さらに、営業にどうしてそんなに格安なのでしょうか?
途中で単価の見直しもしなかったのでしょうか?

疑問ばかりが湧いてきます。

併せて、予算の優先順位にも提言を頂いています。

子どもの生活を守る為に、ちゃんと狭隘な通学路を修繕したり、
公園で安心して遊ぶことができる環境を整えてもらいたいというものです。

常々、わたくし自身も心がけている点で、
市民の生活に密着した事に優先的に予算を使うことが大切だと訴えてきました。


この記事の詳細は→ 通学路や公園の整備を をクリック

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

区切り線

世代間格差是正を

今日の読売新聞に、
「負担ばかり」憤る若者題されたコラムが目にとまった。

若者とあるので、どんな世代を指しているのかと思いきや、何と高校生ではありませんか。

超党派の国会議員との討論会が衆議院議員会館で今年3月に開かれた際の様子からです。

読売新聞から引用
————————————————–

社会保障は殆どが高齢者向けで、若者への支援は手薄。
雇用不安で子供を持つどころか結婚できるかどうかも分からない。
そんな私たちにばかりに負担を押し付けるのは勘弁して下さい。

————————————————–
当然の主張です。

しかし、これを社会人が言っているわけではなく、
何と高校生が言い放っている事に未来への大きな不安を感じ取っている様子が伺えます。

近年の国会は実効性の乏しいまま多額の予算を費やして口先だけで少子化対策を行ったきました。
少子化対策の効果はどれ程上がったのでしょうか?

少子化は、わたしが国会議員の秘書をしていた当時のこと、
20数年前に指摘されていて、当時は1.57ショックとも言われました。

つまり、当時国が想定していた少子化傾向を大幅に速いスピードで
少子化が進行している結果だったことに対する示す表現となったわけです。

膨張し続ける社会保障を賄うため、赤字国債を発行してきましたが、
これは次世代へのつけ回しに過ぎず、抜本的な対策ではありません。

若者も、高齢者も、不安の要素は同じです。

病気、雇用、加齢

近年、病気のメカニズムは分かりつつあるようです。
その点を、食育を通じて伝える仕組みを作ることはできると思います。

雇用はどうでしょう。
どんな職域が作れるというのでしょうか?
直に、そんなもの作れるわけがないといわれるのがオチかもしれません。

しかし、職への考え方を学べば、自ら企業で着る機会は大きく膨らみます。

加齢に対して特に心配されるのは、独居の方々です。
 「病気になったら、どこかの施設に入れるかしら?」
 「いつ施設に入ろうか?」
などという声を、近所の独居の方から何度も聞きました。

でも、そんな不安を感じながら生きることほど辛いことはありません。

そんな社会で、単純に目先の負担の損得だけで議論は成り立ちません。
やがて、あらゆる分野で技術革新も起こります。

いずれにしても、
若い世代が納得できる「支え甲斐のある制度」とすることが現代に求められているわけです。

それは、何も国の専売特許というだけではありません。
高齢者が、健康で、社会に貢献できる仕組みを作ることが、いま地方に問われている課題だとも言えます。

その意味では、高齢者の考えるばかりではなく、
若者の意見を確りと把握する機会をつくることが非常に重要だといえますね。

いずれにしても、我が高校時代に考えたこともないような話題です。
ただただ驚くと共に、高校生の息子を持つ父親として、考えさせられることが多い記事です。


この記事の詳細は→ 世代間格差是正を をクリック

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

区切り線

本庁舎増築問題~その後1

街中をあるいていると、本庁舎増築問題に誤解や曲解があるようです。

そもそも、まずは「建てることありき」で議論がされていることです。
庁舎を増築することが、合理化につながると盲信するような人もいるようです。

合併前、すなわち今から8年前の時点です。

庁舎統合に関する事業者が行った調査によると、
職員の専有面積は、民間に比べて概ね2倍あるといわれます。

つまり、単純にはいかないものの、簡単に言うと、
100人しか入れなかったのに、工夫すれば民間並みの200人入れたということです。
まずは、その努力をどのようにしたのか説明はありません。

次に、IT技術の大幅な進歩です。
クラウド技術は、中でも職員の働き方を一変させる技術です。

予算の確保を行えば、従来会議を行って上司に稟議をして決裁してきたことが、
その場で決済することにもつながったり、
会議の数も大幅に減ることに繋がってきます。

現在の庁舎建設の理由のひとつに、
会議を開くことが多いのであれば便利だとしていますが、
民間はコストがかかる会議室を縮小して、カーテンなどで覆うなどして会議したり、
民間の貸会議室を利用したりと、盛んに工夫しています。

まして、会議はどんな頻度で開くのでしょうか?
あるいは、議会の全員協議室などを利用した事さえないでしょうね。

つまり、他人の金の意識が強いから、単純に建物を建てるという発想に結び付くわけです。

IT企業の報告では、クラウド技術を活かして社員や協力事業者に
事前に情報を提供することで、打ち合わせや会議の時間が大幅に短縮したとしています。

このことは、今後は会議は無駄で、事前に情報を流す工夫をすれば、
余計な会議は減らせることになります。

清須市の若手職員からも、
既に他市においてIT化を進めている自治体があるとの認識を持っている人もいます。

ところで、防災の面からの議論もあります。
本庁舎を増築して「防災機能を高めよう」といいます。

本当に高めるのでしょうか?
とある大手設計企業の一級建築士の話では、
どうして新川、五条川、東海道線、名鉄に囲まれたところに建てるの?
と、疑問に思う指摘もあります。

既に、江南市や北名古屋市などでは防災センター構想があります。
———————————————————————————————–
江南市は、
大規模災害が発生した時の災害対策本部機能を本庁舎内に整備するため、
仮称「地域防災センター」を建設する。6月補正予算で4億5312万円の事業費を計上。
——————————————————————————-
とする記事もあります。

本当に、防災面を考慮すると、
緊急輸送道路、しかも県道よりも国道に隣接することが好ましいといえます。

このことに対しての適切な説明もありません。

要は、わたくしが言いたいのは、
本庁舎を増築しなくても、現庁舎のまま使用して余分な経費をかけずに、
他の防災機能や生活に密着した事に予算を活用することが
市民生活の向上に非常に重要だという点です。

以上、ご参考まで。


この記事の詳細は→ 本庁舎増築問題~その後1 をクリック

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

区切り線

職員の腕組みと開館時間

昨日、所用であるところに出かけました。

市民からの苦情を伝えにでかけたですが、
問題点はその用件だけでは済みませんでした。

まずは、開館時間が夜9時までだというのに表玄関は夕方5時に閉めています。
駐車場も同様に閉めてしまっています。

全く自己中心的な運営にあきれるばかりです。

公共財を、24時間、365日、フルに活用しようという発想のかけらもありません。

まして、使用して頂くことで、収入も得ようと考えたこともないようです。

要件を伝えるまでに、これだけの問題も出てきました。

さらにあきれることに、職員の人の意見を聞く姿勢です。

上司が隣に座って、上体を前かがみにして人の意見を聞こうとしているのに、
深々と座って腕組みをしているではありませんか。

実は、こういう職員は彼だけに限った話ではありません。
他にも同様の職員を見かけます。

即ち、職員教育の基本が行われていないということでしょう。

それにしても、民間ではあり得ないことが、市役所では平気で行われています。
ちなみにこの職員はあいさつもろくにできません。

しかしながら、全てに同じような話を聞いています。
根は深いようです。

市民の利用を注視せずに、自己判断が全てに優先しているようです。
こんな職場では、市民目線の運営はできませんネ。


この記事の詳細は→ 職員の腕組みと開館時間 をクリック

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

区切り線

本庁舎増築は慎重に

今日は春日地区の方に何人かお目にかかりました。

多少なりともお時間を頂いた方、
忙しそうに用事をされている方など外に出ていた方々に
ひでとレポートvol11を渡しました。

今回のレポートは、何といっても3月議会で本庁舎を増築する為、
4600万円の調査費用をつけており、
年内にも実施設計に踏み出そうとしていることを、どう考えるかということ。

会話を交わした人は2人でしたが、
「行政も議員も市民の為に働かなきゃいけないのに、
まずは自分たちの城を良くするという発想は何だ?」
と厳しい口調でおっしゃいます。

また、メールを頂いた方もあります。

内容は、レポートの内容に「共感する」というもの。
世代的には若い働き盛りの方です。

誰しも、あたりまえに行政の無駄の多さを感じているのだと、改めて痛感しています。
その意味では、「議員にはちゃんと勉強してもらわなきゃいかんわ」とおっしゃった
70代男性の指摘が耳に残りました。

これらを総合すると、
「本庁舎増築は住民の納得を得られる仕事をしてからにしてくれ」
ということになります。

現在の市政に対する強い不満は、
「江のやかた」に関することばかりではありません。

下水道建設にあたっての経過を見ても、
一部地域では受益者負担金の払い込みを巡って陳情がなされたとも聞こえてきます。

どうやらこれまで丁寧に説明してこなかった為のようです。

かつて、私が市民への丁寧な説明を求めてきましたが、
どうやら当局の目線とわたくしの目線が大きく違っていたようです。

職員には、もっと市民目線で活動されるよう望むばかりです。


この記事の詳細は→ 本庁舎増築は慎重に をクリック

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

区切り線
1 pages