高コレステロール|生活習慣病

高コレステロール

コレステロールについて

これまでコレステロールといえば「体に悪い」というイメージが強かったと思いますが、栄養学の進展でようやく実体が分かってきました。

 

コレステロールという脂質は生体膜に含まれそれを安定させたり、性ホルモン、副腎皮質ホルモンなどのステロイドホルモンの原料、ビタミンDの原料ともなります。血管の内側に張り付き、血流のエロージョンから血管を保護します。

 

コレステロールの多くの問題は、コレステロールが多いことが原因ではなく、実はそれをコントロールする機能の低下によって引き起こされます。

  • 必要以上に血管に付着したり、それが酸化する
  • 白血球がコレステロールを食べ散らかして死骸が固着する

これらは動脈硬化の原因となります。

 

ちなみに、名称はHDLは善玉、LDLは悪玉と呼ばれていますが、両方のバランスが悪いと健康に悪影響を与えます。

コレステロールの働きと食品の摂取

コレステロールは脂質の一種の遊離脂肪酸で、細胞膜など多くの原料であり、健康な体を維持するには無くてはならないものです。食事からも摂取されますが、遙かに多い量が肝臓と小腸で合成されます。

 

体に必要なコレステロールを食品から摂取できるのは概ね1/5であり、残りは肝臓で合成されているようです。コレステロールを多く摂取した場合は、肝臓などで生産されるコレステロールは自動的に少なくなるといいます。

コレステロールの多い食物摂取とコレステロールの量に相関関係はない

高コレステロール

2007年から「高コレステロール血症」と「高脂血症」を総称して、「脂質異常症」と呼ぶようになりました。いずれも血液中の脂質成分が異常値になっている状態を指します。

 

3つ脂質のうち1つでも当てはまると脂質異常症と診断されます。

コレステロールの正常値

いずれも空腹時の血清中濃度での値です。

LDLコレステロール(悪玉コレステロール):140mg/dL以上
トリグリセライド(中性脂肪):150mg/dL以上
HDLコレステロール(善玉コレステロール):40mg/dL未満

中性脂肪が高い

 

 

 

関連ページ

死の四重奏
生活習慣病に至る未病の段階で何らかの。
肥満、メタボリックシンドローム
わたしがどんな生活習慣を繰り返し、肥満になっていったかを素人独自に考察します。
動脈硬化
わたしがどんな生活習慣を送り、生活習慣病を発症したかをご紹介。また、どんな生活習慣が生活習慣病を引き起こすかを素人独自に考察します。
睡眠不足、不眠、睡眠障害
わたしがどんな生活習慣から睡眠不足となり、生活習慣病を発症したかをご紹介。また、どんな生活習慣が生活習慣病を引き起こすかを素人独自に考察します。

運営者情報


ホーム RSS購読 サイトマップ
高血圧 脂質異常症 糖尿病 がん 脳血管疾患 心疾患