ダイエット|生活習慣

ダイエット

ダイエットの基本

ダイエットというと、リバウンドしたり、なかなか成功しないという人も多いようです。なかなか成果が上がらない人やリバウンドで元の木阿弥という方は、「体の基本」が正しく抑えられていないと考えることが必要です。

 

その基本とは、加齢とともに筋肉量が低下していっていますが、20〜30歳代ではあまり感じなかったことが、加齢とともに体力の衰えを感じることになります。

 

食事によるカロリー抑制や量、質の問題ばかりでなく、もう一つの基本であるウォーキングをはじめとした運動によって筋肉量を維持して基礎代謝を上げることが大切です。

 

何のために基礎代謝を上げるかというと、わたしたちは生命を維持するうえで必ずエネルギーを必要とします。筋肉量が多かったり、活動が豊富だと摂取したエネルギーが自ずと消費されていきますが、余ったエネルギーは消化できずに体内に脂肪として蓄えられます。

 

筋肉量が増えると基礎代謝があがり、同じもの食べたことを考えると余るエネルギーは大幅に抑えることができます。

 

脂肪は、動脈硬化などを招きやすくし、生活習慣病の最大の敵です。この点を意識して、運動習慣を身につけて食事にも注意を払いましょう。

豆ごはんダイエット

ダイエットレシピの柱としてわたしがやっているのは、ごはんは玄米、これに小豆や黒豆、大豆のいずれかを中心に、あとはキビ、アマランサスやハト麦など穀類を適当に放り込んで炊きます。

 

場合によっては、ひじきや昆布なども入れます。いい加減。。。あとは炊飯器のボタンを押すだけ!

 

いってみれば『豆ごはん』ですが、これだけで食物繊維も豊富で、ダイエット時ばかりでなく、健康維持にも向いています。簡単、安上がりなので、ぜひお試し下さい。

 

関連ページ

ウォーキング
ウォーキングは血の巡りを良くし、筋肉の維持にも貢献します。無理しない範囲で運動療法などで筋肉量を増やし、時間をかけて歩ける距離を延ばす方法をご紹介します。
運動療法
生活習慣病の改善には筋肉量を増やすことが欠かせません。姿勢をよくする過程で筋肉量も回復します。腰痛をはじめとした体の痛みが再発しないよう、姿勢をよくする運動療法をおススメしています。
酵素栄養学とホリスティック栄養学
栄養学は日進月歩です。従来の栄養学にとらわれず、最新の栄養学をしっかりと学ぶことが重要です。酵素栄養学とホリスティック栄養学をご紹介します。
食事と調理法
ダイエットや体の体調を整えるには、食事のあり方が問われます。酵素栄養学とホリスティック栄養学に基づいた一部をご紹介します。

運営者情報


ホーム RSS購読 サイトマップ
高血圧 脂質異常症 糖尿病 がん 脳血管疾患 心疾患