議長のもとで勉強会の開催を

これまでの清須市議会は、賛否の前に討論の機会があるものの、
他議員の考え方を深く知る機会は殆どありません。

しかしながら、議会の本質とは、
戦後一時期に見られたような議員間の討議から、
より良い考え方や意見の違いの本質を考慮し、
より広く住民の視点で考える機会を持って合議で進められることが好ましいといわれます。

党派にとらわれることなく、全議員が参加し、
議長のもとで現在の懸案事項などを広く勉強する機会を持てえる機会作りが大切ではないでしょうか。

コメントを残す