清須市ホームページリニューアルをアップロード

清須市のホームページのリニューアル版を2月1日アップロードされました。 ⇒ 清須市HP
当初予算ベースで2200万円もの費用がかかっているものです。

その割には、外部サイトはリンク切ればかりとなる、配慮が欠けたものになっています。
従前の同じコンテンツであれば、同じhtmlなどのアドレスを出来る限り使うことが大切だと思います。

CMSは、今時は無料のものもあるほどですから、機能的にどこまでのものを求めるのかが非常に重要です。
当局は、総務省の掲げる最高基準をもとに予算化したようです。

障害者などのも配慮するとの説明でしたが、
お隣の北名古屋市や愛知県の情報関係担当者の当時の話からも、
どうしてそんなにお金をかけて中央省庁の基準通りやろうとするのか理解できませんでした。

北名古屋市も今年度500万円で全面リニューアルするとのことでしたが、
予算をかけるところが違うと感じているのも私だけではないようです。

ちなみに、わたしのホームページはサーバーを借りて無料のWORPRESSを利用しています。

時間などの経費計算はしないとして、
制作費0円、維持費は独自ドメイン年920円とサーバー代2400円を併せても2400円だけです。

また、市民はホームページで知りたいことの何を求めているのでしょうか?
どのようにインターネットから清須市の情報をとっているのでしょうか?

他市町村などの調査事例を見ても、各市町村のポータルサイトを真っ先に開く人は少ないようです。
その意味で、検索用語などを念頭に職員が運用を適切に行えるかどうかです。
・ サイトのコンテンツ
・ タイトル
などに、検索しやすいような用語をちゃんと意識して取り入れた文章やタイトルが書けるかでしょう。

また、最近ではYOU TUBE などのような動画でも、無料で作成できます。

編集ソフトは無料のものが随分あります。
簡単な編集で十分なものが多く、ドラマや映画のようなプロのスキルは要りません。

そうした点をちゃんと理解して運用されることを求めたいと考えます。

ところで、議会改革の一環でインターネット中継を検討中と聞こえてきます。
しかし、今回のリニューアルの倍以上の業者のいいなりの見積りだったとも聞こえてきます。

先にも既述したように、議会の放送を流すのであれば、もちろん意図的に編集することは好ましくありません。
そこで、休憩時間などの無駄な時間をカットする程度にとどめれば、
編集は私のような素人レベルでも十分にできる物です。

事実、一昨年10月の臨時議会で「江のやかた」に関する本会議を開いた際、
私の後援会旅行であった為、止むを得ず旅行を欠席した際に自分でデジカメでビデオを撮って、
それを編集して「欠席のお詫び」を画像で流しました。

こうした簡単なものですから、職員が自分でやる気があるかどうかだけです。
ところが、清須市は何かにつけて、少しでも手に余ると外注化したがります。

現在の外部委託は、
・ 図書館
・ カルチバ新川
・ アルコ清洲
ですが、そのサービスの満足度は高いとはいえません。
その原因は、市側にあるのか、あるいは事業者側にあるのかという事案もあるでしょうが、
市民は、ちゃんとトータルでいいサービス、より幅広い分野で満足度の高いサービスを期待するのではないでしゅうか。

その点からは、動画のようなものも取り入れている自治体もいくつもあります。
中身も素人っぽくていいのではないでしょうか。

事例) 群馬県太田市の動画ページ

あくまでも予算には限度があります。
幅広く検討し、深く議論を重ねてもらいたいと考えています。

コメントを残す