3.未来を担う教育を!

未来を担う子どもたちの為に、教育環境を整えます。

⑬幼小中学は「体験する」「褒める」を第一に

※ 若年教育において、記憶に残りやすく、積極的に学ぶ環境を整えることが重要だと言われます。
学習効果を高めて、自主性を引き出す為、「体験する」「褒める」を第一に取り組む人材を育成すると共に、
その環境づくりを行います。

⑭英語にふれあう機会づくり

※ 英語の習得は、今後の日本社会の発展に欠かせません。
そこで、親にも、子どもにも、英語に習熟しやすい環境づくりを行います。

⑮まちの魅力アップに「歴史」を最大限活用

※ 地域の歴史を活かして、郷土の歴史を教育に取り入れると共に、
織田信長、清洲城、尾張西枇杷島まつり、朝日貝殻山貝塚遺跡など、
まちの
魅力を高める史実の掘り起こしとなどに努めて、郷土への愛着を深めることが出来る環境を整えます。

⑯親にも、子どもにも、健康を守る「食育」を

※ 食に関する正しい知識は、子どもの健康を守る為に欠かすことができません。
子どもの食の現実を知り、将来を見据えた食事のあり方や農業への関心を高めて、
親自身も自分の体を常に意識できるよう、時代に相応しい「食育」を推進していきます。

尚、土木事業などでも、安全確保の為に事業を推進します
(公約⑦子どもの安全確保の為、通学路や公園の再整備します) 

コメントを残す