名古屋市との合併検討会開催

名古屋市との合併は、北名古屋市、清須市ともに重要課題の一つだと認識しています。
その理由は、下水道事業を行っていること。

下水道事業には、多額の経費が掛かるうえ、長期に渡ることがもともと想定されています。

この間に少子化が進行し、清須市にとっても名古屋駅の隣とは言えども、
まちづくりが上手く行えなければ人口減に拍車をかけると考えています。

そんな中で清須市にとっては事業費率の上で、非常に重石となります。

名古屋市にとっても、リニアが開通して名古屋駅周辺をどんな街づくりをやるのか、
民間開発を含めて街の魅力を高めることは極めて重要だと考えます。

今の名古屋市は、残念ながら名古屋城、徳川美術館以外に特にない。
愛知県は盛んに「産業観光」と称して、産業の遺跡などを観光化したがっていますが、
所詮観光という視点からはやや無理がありそう。

そんな折に「歴史」を切り口に外国人なども呼び込みたい
清須と名古屋の思惑は一致しないだろうかと期待したい。

その為に、清須越しや織田信長、福島正則など戦国武将、甲冑などを取り入れて
大いにPRしたいと考えています。

コスプレや動画コンテストも如何?

魅力を高めつつ、市民の皆さんとの名古屋市との合併に対しての検討会を開催いたします。
当然ながら、民意が大いに大事。
社会環境や経済なども変化します。

その為の情報を整理しながら、メリット、デメリットを整理していきます。
最終的に、本当に市民にとって負担が小さく、
サービスが増えると判断したら合併を明示したいと思います。

当然ながら、最終判断は市民が行います。
住民投票が好ましいと思いますが、
経費などの諸点からムードが高ければアンケートでも良いかもしれません。

ところで、現在のところのメリットは、

    名古屋市バスが走る
    医療や福祉などの制度が充実している
    幹線道路の整備が期待できる
    大災害時にも復旧、復興が単独自治体よりもはるかに容易
    専門知識を有する職員が多い

などをははじめとして大きいと思います。

デメリットとしては、

    議員定数が大幅に減り、市民の声が届かないのでは
    役所が遠くなる
    施設が減ってサービスが低減しないか心配

などですが、本当の声が届くようにするには工夫も重要。

通信技術の進展で多様な手法があると思います。
選択肢があれば、なお結構だと思います。

2017年7月20日リンクURL