4年生から英語学習の効果は?

英語は、今日の国際化された社会環境にあって、習得することは必須だといえます。
しかしながら、長らく日本の英語教育は、年月をかけた割に効果が上がっていません。

そうした折から、小学校4年生から英語学習の機会を設けるといいます。

今日は様々な情報機器も多く存在し、
格安にシャワーのように英語に接する機会を設けることが出来るようです。

こうした状況を踏まえた英語教育の機会を設けることを大切だと考えています

その一方で、学校の英語教諭を指して、
とても指導者としての基礎的英語能力さえも不十分と指摘する著名人もいます。

つまり、指導者としてふさわしくないという指摘です。

学生はそれに付き合わされているわけですから、時間効率が悪いのは当たり前です。

こうした点を考慮した、効果的な学習機会を設けることが英語習得には大切だといいます。

親の理解と協力で、安価にその機会を広げたいと考えています。

コメントを残す