老朽小学校(築60年超)は原則早期建替え

公的施設のあり方は、合併を検討する段階からの懸案事項です。

それにもかかわらず、当初合併から12年目を迎えても学校の再編ばかりか、
公的施設全体の改廃方針も十分なものとなっていません。

中でも小学校をはじめとする教育関連施設は、清須市内でも概ね50%とされ、
公的施設の多くを占めています。

一方、地域における公共施設の偏重も見られます。
災害時の避難場所などの確保も含めて、多角的な検討が必要だと考えます。

特に、平成27年には清洲小学校で落壁事故が起きており、
外見からも保護者から大丈夫かと心配していたとの声もあがりました。

その後も、対応として広く父兄に事故が起きたことを知らせていない点です。
情報を確りと伝える姿勢も求められますが、
一部のPTA関係者などが知るにとどまっています。

こんなところにも、情報開示のあり方の姿勢が問われると思います。

いずれにしても、今後の手続きとしては、まずは学校の再編を検討するかです。
合併後、早々から始めなければならなかったことが、全く手つかずです。

早急に進めて、結論を得る必要があります。
その上で必要な改築を行う必要があります。
場合によっては、全面改築しなければならないことも出て来ると思われます。

清須市では長寿命化計画を策定していますが、
文部科学省がホームページで公開している資料によると、
主たる長寿命化の対象年度は昭和44年以降の十数年です。

少々幅を考慮しても、
清須市のように昭和30年の建物を長寿命化しようとする発想に疑問です。

しかし残念ながら、長寿命化計画は策定され、一部長寿命化工事は発注されています。
できる限り早期に建て替えることが重要だと考えます。

但し、愛知県教育委員会によると計画段階から始めて最低で5年はかかるといいます。
これまでの無計画さが残念です。

2017年7月16日リンクURL