清須市長選挙公約 2017年7月16日告示

1.教育・子育て、健康・福祉
老朽小学校(築60年超)は原則建替え
● 地域子ども塾を創設
・公民館などで、学業・スポーツ・遊びを支援
(有料で、支線者の「生きがい」にも)
● 保育サービスを拡充
・夜7時半に延長
・休日保育
● 子どもの貧困対策
・入学前準備資金助成
・地域子ども塾
● 通学路の安全対策、見守り活動推進
● 健康づくり、介護予防事業を抜本改革 健康モデル都市日本一
・ブロック毎に「健康教室」開催
・健康づくりへのコツを学ぶ「料理
● 障害者、認知症患者 支援拡充
・障害者サービス事業者の定着支援
・障碍者向け高額用具レンタル化

2.防災・防犯
● 防災区を創設し、域内防災を強化
● 治水対策を強化
・幹線、支線排水路と雨水貯留の整備促進
● 防犯カメラの増設で犯罪抑止

3.行政・財政改革
市長報酬3割カット
● 女性職員、幹部に積極登用
● ブロック別「市民と市長の意見交換会」開催
● 行政資料を積極的に電子化
● 本会議・委員会のネット中継
● 議員定数の削減
市民サービスセンターで受付・市民相談
・外出できない人には、ご自宅まで出張いたします。市長、保健師、担当課などに直接お話しください

4.交通、広域行政
清須市、北名古屋市、名古屋市の間でバスの相互乗り入れ
● 連絡幹線道路の早期整備
名古屋市との合併検討会開催
● 火葬場、下水道等で広域化、効率化を追求市民負担軽減を目指します

5.産業、観光
商工農を振興、ブランド化を推進
きよすの魅力アップで観光誘客
・清洲城に茶室(猿面)を整備
・信長公進軍路を名古屋市と協議して整備
動画コンテストを開催、きよすの魅力をアピール
美濃路で無電柱化をスタート