よくあるご質問|生活習慣病、克服への道!

よくあるご質問

よくあるご質問

ここでは様々な機会によくご質問いただく内容を記しました。順次加筆していきますが、ご質問があればメールいただければ幸甚です。

 

他の事例を考慮しながら、事例的にふさわしい場合には優先的に掲載する場合もございます。但し、個別のお問い合わせには応じかねますので、個人への返信は原則的に致しかねますので予めご了承ください。

2025年問題

Q.2025年問題が叫ばれていますが、その問題解決にも有効ですか?

 

A.当然ながら、非常に有効です。

 

2025年になると人口の20%が「後期高齢者=75歳以上人口」になります。既に単純労働には外国人労働者が就いているのは周知のこと。それとともに、医療と介護のこれまでのような「安心」は根底から覆るとも指摘されています。

 

なかなか医療介護の原則を理解しない人が政治をつかさどっているために、社会保障の破綻が現実となり、際限のないかたちで増税が続くのではないかといった不安を含めて、超高齢社会に短期間に突入していく日本には問題が山積みされています。

 

それが、今後10年足らずで一気に表面化するのことになります。その最たるものが2025年問題といわれる状況です。

 

このHPをお読みの方は、これらの無策に歯がゆく感じるのではないでしょうか。

 

何といっても、それらの政策を考える人たちが「生活習慣病」を患っているわけで、近視眼的な政策にとらわれているわけです。

 

人口の5人に1人が後期高齢者となると、それらを支える年金制度も大きく見直すことが求められます。

 

その一方で、ちゃんと行動している人もいます。後期高齢者の体力がかつてないほどに上がっているというのも、そんな自覚の反映ではないでしょうか。

 

但し、できる限り短期間に成果を得るには、ポイントを理解することと、具体の対処方法のノウハウを理解することが大変に重要です。

 

日本においては未だに「がん」が増え続けていますが、アメリカでは絶対人口は多いものの所得層別にみると大きく減っています。このことからも、日本の取り組みがポイントを外していることが見て取れます。

 

運営者情報


ホーム RSS購読 サイトマップ
高血圧 脂質異常症 糖尿病 がん 脳血管疾患 心疾患