コレステロールと中性脂肪で、薬は飲むな 大櫛陽一著

私は30年ほど前、当時としてはまだ世に出て程ないコレステロール低下剤を服用したことがあります。
元来、薬嫌いなせいか、飲んだり飲まなかったりで、服用中は数値が下がるものの、
止めた途端に元に戻るため、結局医者に行くことも止めてしまいました。

一時期は総コレステロールが500を超えたこともあり、何年か前から健康づくりを意識しましたが、
その成果があって、1年半ほどで20kgほど痩せて、
異常値を示していたこれらの数値も概ね正常値もしくはそれに近いところに落ち着きました。
医師の再診を求めるほどではなくなったということです。

やったことといえば、
過食気味の食事の量を減らす
1日8~10kmを歩く
時々の軽いジョギング などです。
つまり、体を動かす、食の重要性と運動をすることの重要性を再認識させられました。

近年の薬害訴訟などの事例を見ると、かなり日常生活自体も容易に送れなくなった人もあります。
大抵健康診断で引っかかって、ご丁寧に薬で何とかしようとした人たちです。
安易な服用が、もたらした代償はあまりに大きかったようです。

特に、生活習慣病は将に生活習慣を変えることが第一義でなければなりません。
安易に薬に頼ることは、重大な副作用を生じる危険度も高くなることになり、
そんなリスクを冒してまで、薬を飲む必要はどこにもないといえます。

そう感じていたころに、この本に出合いました。
他にも、浜六郎氏の著した「下げたらあかん!コレステロールと血圧」なども読んでいます。

これらから健康診断で安易に薬漬けになる人を増やす構図が出来上がっていることが分かります。
病気の予防であるはずの健康診断がきっかけで、本来ならなくてもいいような病気になるなんて・・・と驚きました。

周囲の人々を見ると、かつてはなかったような病気非常に増えているように思えます。
コンビニでは加工食品が増えて、外食も日常的となりました。

それらにはほとんどのものに食品添加物が含まれていますが、それらの病気と関係はないのでしょうか?

さて、この本ではメタボ検診をきっかけに安易にコレステロール低下剤を飲むことは危険だと言っています。
データからは、コレステロールが少々高目くらいの方がむしろ長生きしているといい、
高血圧も必要があって高くなっているのであって

コメントを残す