膝の痛み(腰痛)|生活習慣病

膝の痛み(膝痛)

膝の痛み

わたしは場合には、慢性腰痛から進んで時間の経過とともに膝まで痛くなってしまいました。今はわかるようになりましたが、骨盤が後傾してO脚になっていました。痛みがなくなるまでには然程時間はかかりませんでしたが、ストレッチを毎日続けることになれるまでに少々時間を要しました。

高齢女性に多いO脚

その一方で、高齢者、中でも女性にO脚が多くなります。骨盤周りの筋肉量が大幅に不足する状態が進んでいて、あまりに大幅に低下したことからこれを戻そうとするとき、少々根気と時間を要することを覚悟しましょう。

 

こうした覚悟がないと、直ぐに痛みをとりたいという思いが強すぎると、自分で筋肉を刺激して骨を動かし、やがてその過程で痛みが消えるという少々の時間を待つことができず、残念ですが諦めのうちに手術に踏み切る人が多いようです。

 

そもそも何十年かかって膝が痛くなる症状がでたと考えているのでしょうか。症状を良くするためにはそこまでの時間はかかりませんが、それでも数か月かかることを覚悟して運動療法を始めましょう。すると、気持ちも楽になり、ゆっくり楽しみながら日々の運動を続けることができます。

 

わたしは男ですから肌肉が女性に比べてつきやすいですが、女性はさらに時間がかかることを承知しておきましょう。これはホルモンによる性差から来るもので、やむを得ません。

関連ページ

高血圧症
わたしが高血圧を発症した当時の生活習慣のご紹介とどんな方法で改善したかを考察します。
脂質異常症(高脂血症)
わたしがどんな生活習慣から、若いうちから高脂血症といわれ服薬し、名称変更などによる脂質異常症を発症したかをご紹介。また、どんな方法で脂質異常症が改善したかを考察します。
糖尿病
糖尿病も国民病のひとつです。生活習慣の中でも食事のあり方とともにと筋肉量の大幅な低下が基礎代謝率を大幅に下げています。わたしが行った改善策とその意義、みなさんが実践しやすい改善策を伝えます。
がん(悪性新生物)
わたしはがんにはなっていません。しかし、妻が乳がんを患い、父は肝硬変から肝がんになっています。身近な病気を素人ながらに考察します。
脳血管疾患(脳梗塞、脳卒中)
脳血管疾患は、現代的な生活を営む人すべての方に共通するリスクだといえそうです。脳梗塞、脳卒中を引き起こさないリスク低減の方法を考察します。
心疾患(急性心筋梗塞ほか)
心疾患は、わたしは不整脈が出ました。また、近所の方が患っています。この方の子どものころから余り歩かない生活習慣だったといいます。生活環境が体にどんな影響を及ぼしたの考えます。
便秘
今思うと母の手料理が便秘の元だったといえます。普通の家庭の料理はどこも同じような材料と調理法。そこに便秘の原因が潜んでいるといえます。その要素を考察します。
痔疾
わたしがどんな生活習慣を送り、生活習慣病のひとつである痔疾を発症したかをご紹介。また、どんな生活習慣が痔疾を引き起こすかを素人独自に考察します。
顎関節症
わたしがどんな生活習慣から顎関節症を発症したかを、素人独自に考察します。
肩こり
たかが肩こりといえども、毎日のこととなって度が強くなると精神的にも堪えます。大方はストレートネックなどの状態を伴うと長引きます。その対処方法などを独自の視点でご紹介します。
腰痛
わたしがデスクワークが重なり、生活習慣病のひとつといえる腰痛を運動療法とウォーキングで完治し、再発しない体になった方法と考え方をご紹介
逆流性食道炎(胃食道逆流症)
わたしが逆流性食道炎(胃食道逆流症)になった生活習慣と薬物治療を放棄して自身で治そうと思った経緯や、その後の体調などをご紹介
前立腺肥大症、尿漏れ
わたしがどんな生活習慣から、前立腺肥大症を発症したかと考えるのかをご紹介。また、どんな方法で改善したかを考察します。
肝硬変
どんな生活習慣から肝硬変を発症するか、またどんな方法で改善するかを素人独自に考察します。
慢性腎不全
わたしも健診では尿タンパクが下りていると指摘されたことが何回かありました。数値はひどくなかったようですが、今は気になりますね。
膵疾患
わたしがどんな生活習慣から、高血圧を発症したかをご紹介。また、どんな方法で改善したかを考察します。

運営者情報


ホーム RSS購読 サイトマップ
肥満、メタボ 高血圧 脂質異常症 糖尿病 お問い合わせ